ジスロマック通販比較

クラミジアが心配な女性は婦人科でジスロマックを

クラミジアは性感染症の中で、現在の日本では一番感染者数の多い性病と言われています。とても感染力の強い「クラミジアトラコマチス」というウイルスによって、性交渉はもちろん、キスを通しても感染するという特徴を持っています。ですからパートナーがクラミジアに感染した場合は、ほぼ自分も感染していると思ってよいでしょう。

ここで厄介なのは、クラミジアには1~3週間の潜伏期間があることと、発症しても症状は段階的に進み、特に男性は自覚症状が少ない事です。そして気が付いた時には重篤な症状に陥り、特に女性の場合は子宮内の炎症、最悪の場合不妊症になります。お互いに一人のパートナーだけと自信を持って言える人は問題ありませんが、風俗店に入ったり、不特定多数の相手と性交渉をした、という感染の心配のある人は婦人科に行って「性病検査」を受けることをおすすめします。もし、婦人科の受診に心配や抵抗がある人は、郵送での性病検査もありますが、可能な限り医師の診断を受ける必要があります。

ここでクラミジアと診断された場合は「ジスロマック」という薬を服用して治療をすすめていくことになります。ジスロマックはとても効果の長い薬で、1回の服用で5~7日間、ウイルスの増殖を防ぐことができ、ほとんどの人は1回目の治療で完治してしまいます。しかし、ここで気を付けて頂きたいのはパートナーへの配慮です。最初に紹介したとおり、感染力の非常に強いウイルスなので、こちらが治療中に、また相手と性交渉を持ってしまった場合、相手から自分にうつされてしまう心配もあるので、2人で一緒に受診し(婦人科じゃなくてもいいです)ジスロマックを少しでも早く服用して、治療を始める必要があります。