ジスロマック通販比較

ジスロマックのおすすめ通販サイト

ジスロマックというのは非常に便利な薬であり、現在はあらゆる場面で使われるものとなっています。
この薬の特徴として、幅広い感染症に効果があるというものがあります。
また、新しい薬であるため耐性菌の存在も少ないので効きやすいのがジスロマックの利点となります。
そして、今までの薬と違うところとしてジスロマックは効果の持続時間が長いので、一度の服用で治療をすることが出来るという特徴があります。
ジスロマックのような抗生物質というのは、血中の濃度を一定に保つことによって効果を発揮するのですが、従来のものであれば濃度を保つために一定間隔で服用をしなければなりませんでした。
そのため、飲み忘れてしまったり自己判断によって服用をやめて耐性菌を生み出してしまう元となっていたのですが、ジスロマックの場合には効果が一週間ほど持続することになるため、飲み忘れをしてしまったり途中で服用をやめるということがないので耐性菌が現れにくい薬となっています。
しかし、ジスロマックは通常であれば処方箋がないと手に入れることができない薬であるため、病院に行く暇がなかったり病院にかかることができない理由があるときなどには困ってしまうことになりますが、そのような時には通販サイトを利用するのが便利です。
処方箋薬は通常通販をすることはできませんが、オオサカ堂のような輸入代行業者を利用することによって海外から取り寄せることが出来るので処方箋がなくても購入をすることができます。
オオサカ堂では個人輸入代行となっていますが、実際の使用方法に関しては一般的な通販サイトとおなじ感覚で使うことができるので、個人輸入といった難しいことを意識せずに済むものなっています。

ジスロマックの通販価格

ジスロマックはマクロライド系抗生物質で、感染症などの原因とされる細菌やウイルス、真菌、原虫などの病原体の中で細菌にのみ殺菌的作用を示し、細菌が原因となる病気の治療に用いられています。
主な適用症状に、性感染症のひとつであるクラミジアがあり、淋菌にも適応するとされることから、クラミジアおよび淋菌の治療で使用されることが多い薬です。
また、抗炎症作用が認められていることから、リンパ管・リンパ節炎、咽頭炎、急性気管支炎などの炎症の症状にも使用され、歯科医や耳鼻科でも処方されています。
こうして様々な症状に使用されているジスロマックですが、非常に高価な治療薬としても知られており、病院で処方してもらうと500mg3錠入りの1箱で3,000円はかかるとされており、1錠あたり1,000円もの価格となっています。
いくら病気や症状を治療するためとしても、誰でも薬にお金をかけるのは躊躇してしまいます。そこで薬代を抑える方法として、インターネットによる通販が便利と言われています。
ネット通販では病院の処方薬なので国内での購入はできませんが、海外から個人輸入を利用して取り寄せることは可能です。また、個人の使用目的であれば厚生労働省でも認められており、薬事法に抵触することはないので安心です。
気になるジスロマックの価格は、500mgや1,000mgなど規格によって様々ですが、500mgの3錠入りであれば、2,500円程度となっているので、病院による処方で診察料や診断を受けに行く交通費や手間といったものを考えれば、かなり安く抑えることができます。
さらに複数の購入でさらに安くなる特典があり、500mgを3錠入りで3箱でも購入した場合は5,000円となるので、1錠あたりの単価ではおよそ555円となり非常にお得な方法となります。

ジスロマックとジェネリック品どちらが良い?

ジスロマックという抗生物質の名称を聞いたことがあるでしょうか。
ペニシリンのような今までの抗生物質では効かなかった細菌にも効果を発揮し、マイコプラズマや性感染症であるクラミジアなどの治療にも用いられます。
このジスロマックの最大の特徴は持続時間で、一日一回の服用を三日間続けると一週間ほど薬の効果が持続します。
ただ、こうした特徴のためか薬の価格は少し高めです。
ですので支払う金額を抑えたい方や、性感染症などの治療をこっそり受けたい場合など、後発医薬品であるジェネリック品を通販で購入するという方もいます。
ですが、ジスロマックとジェネリック品、どちらがいいのかを正しく理解できて購入している方は少ないです。
後発医薬品であるジェネリック品は、薬に含まれる成分が先発品であるジスロマックとまったく同じという訳ではありません。
特許の切れた先発品に含まれる有効成分を配合し、似たような薬効はあります。
しかし、他の成分まで同じという訳ではありませんので、当然まったく同じ薬にはならないのです。
このため、思わぬ副作用が出たりするケースもあります。
ですので、薬に支払う値段を抑えたいからと安易にジェネリック品を購入するべきではないのです。
もちろんジェネリック品も治験などを行い、安全性は確認されています。
それでも、ジスロマックの方が長期間使用されている分、情報が蓄積されていて安全性などは確かです。
また、発売されて間もないジェネリック品は思わぬ副作用が後に報告されることもありますので、もしどうしてもジェネリック品を購入したい場合は発売が早いものを選ぶのも一つの方法です。
一般的に後から発売された薬の方がよさそうというイメージがあるかと思いますが、副作用などの報告の蓄積がないということはリスクであると理解して購入した方が無難です。

■疑いがあれば今すぐ検査をしましょう
クラミジア 検査
■ジスロマックなどの薬がほしい時は病院よりも断然安い個人輸入がおすすめ
薬 個人輸入
評判のいい通販サイトはあんしん通販薬局